トップページ > 担当講義・実習

担当講義・実習

担当講義

サンプルイメージ

薬物動態学T・U

  • (担当:三嶋基弘) 3年次 前期 / 後期 

薬物の生体内運命を理解するために、医薬品製剤からの薬物の放出・溶解・吸収・分布・代謝・排泄などの各過程に関する基礎知識を修得する。また、科学的な根拠を背景とした効果的な薬物療法を行う際の処方構築のために必要な薬物の体内動態解析を学ぶ。

薬学演習

  • (担当: 三嶋基弘) 4年次 前期 / 後期 

1年次〜3年次までに学んだ各専門科目の総復習。

薬学総合演習

  • (担当: 三嶋基弘) 6年次 前期 / 後期 

6年間で学んだ各専門科目の総復習。

ページトップへ戻る

薬剤系実習  -製剤-

サンプルイメージ

医薬品の用途に応じた適切な剤形を調製し、薬物治療の有効性、安全性、信頼性を高め、病院・薬局における医薬品の管理と供給を正しく行うために、各種製剤の調整ならびに院内製剤・薬局製剤に関する基本的な知識と態度を修得する。

  • 3年次  前期 


固形・半固形製剤の製造

無菌製剤の製造

日本薬局方製剤関連試験法と品質管理

ページトップへ戻る

実務実習事前学習  -無菌操作の実践-

サンプルイメージ

病院・薬局における医薬品の管理と供給を正しく行うために、3年次に行った薬剤学実習に引き続き注射剤などの正しい取扱いを中心とした基本的知識と技能・態度を修得する。

  • 4年次  後期 

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.