研究室紹介

スタッフ


教 授:戸田 晶久(とだ あきひさ)
E-Mail:
toda@daiichi-cps.ac.jp
担当科目(3年次生:食品衛生学T、食品衛生学U、公衆衛生学、衛生化学実習;4年次生:衛生薬学演習)


講 師:井本 真澄(いもと ますみ)
E-Mail:m-imoto@daiichi-cps.ac.jp
担当科目(2年次生:環境衛生学T;3年次生:環境衛生学U、衛生化学実習;4年次生:衛生薬学演習)

直線上に配置

研究テーマ

研究業績
発表論文

1.化学物質によるアレルギー発現発現機序の研究

2.組織培養系および免疫学的手法を用いた化学物質の毒性発現機序の研究

3.病態時の薬物代謝研究

4.化学物質による神経化学的検討と行動薬理学的研究

5.乳酸菌の免疫系および薬物代謝系への影響

6.POPsや内分泌攪乱物質の生体に及ぼす影響
2011〜2004

2011
Takeda S, Earing J, Aramaki H, Imoto M, Toda A, Eyanag R, Amamoto T, Yamamoto I, Kazuhito Watanabe
D9tetrahydrocannabinol and its major metabolite D9-tetrahydrocannabinol-11-oic acid as 15-lipoxygenase inhibitors.
J. Pharm. Sci., 2011, Mar; 100(3) 1206-1211

2010
Uchiyama H, Toda A, Imoto M,Nishimura S, Kuroki H, Soeda S, Shimeno H, Watanabe S and Eyanagi R.
The stimulatory effects of caffeine with oseltamivir (TamifluR) on light-dark behavior and open field behavior in mice.
Neuroscience Lett., 2010, Jan 469(2), 184-188


2008
Soeda S, Sakata A, Ochiai T, Yasuda K, Kuramoto Y, Shimeno H, Toda A, Eyanagi R, Hikishima S, Yokomastu T, Shibuya S.
Sphingomyelinase inhibition suggests a posssible new strategy for the treatment of inflammatory bowel disease. Current Drug Therapy 2008 vol.3(No.3):218-225

Uchiyama H, Yamaguchi T, Toda A, Hiranita T, Watanabe S, Eyanagi R.
Involvement of the GABA/benzodiazepine receptor in the axiolytic-like effect of nociceptin/orphanin FQ.
Eur J Pharmacol. 2008 Aug 20;590(1-3):185-9. Epub 2008 May 29.

Uchiyama H, Toda A, Hiranita T, Watanabe S, Eyanagi R.
Role of amygdaloid nuclei in the anxiolytic-like effect of nociceptin/orphanin FQ in rats.
Neurosci Lett. 2008 Jan 24;431(1):66-70.

Ochiai T, Fukuda K, Kasuya M, Sakata A, Shimeno H, Toda A, Eyanagi R, Soeda S.
Cholesterol-independent, MAPK/ERK signal-mediated simvastatin potentiation of nerve growth factor-induced neurite outgrowth in PC-12 cells. Pharmaceutical Bulletin of Fukuoka University 2008 Jan,vol.8(No.32):146-159.

2007
Sakata A, Ochiai T, Shimeno H, Hikishima S, Yokomatsu T, Shibuya S, Toda A, Eyanagi R, Soeda S.
Acid sphingomyelinase inhibition suppresses lipopolysaccharide-mediated release of inflammatory cytokines from macrophages and protects against disease pathology in dextran sulphate sodium-induced colitis in mice.
Immunology. 2007 Sep;122(1):54-64.

Ochiai T, Shimeno H, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Takano H, Shoyama Y, Toda A, Eyanagi R, Soeda S.
Protective effects of carotenoids from saffron on neuronal injury in vitro and in vivo.
Biochim Biophys Acta. 2007 Apr;1770(4):578-584..

2006
Soeda S, Shinomiya K, Ochiai T, Koyanagi S, Toda A, Eyanagi R, Shimeno H.
Plasminogen activator inhibitor-1 aids nerve growth factor-induced differentiation and survival of pheochromocytoma cells by activating both the extracellular signal-regulated kinase and c-Jun pathways.Neuroscience. 2006 Aug 11;141(1):101-108.

2005
Toda A, Eyanagi R, Saito H, Soeda S, Shimeno H, Moriyama M, Shigematsu H.
Effects of experimental diabetes on hepatic drug metabolism in rats: the activities of flavin-containing monooxygenase, the phase II conjugation reactions and glutathione related enzymes.Res Commun Mol Pathol Pharmacol. 2005;117-118:13-27.

Eyanagi R, Toda A, Ishii Y, Saito H, Soeda S, Shimeno H, Shigematsu H.
Antigenicity of sulfanilamide and its metabolites using fluorescent-labelled compounds.
Xenobiotica. 2005 Sep;35(9):911-925.

衛生化学は、“生命を衛ための化学”で、人の健康と健全な環境を目指す学問分野です。生活習慣病を始めとする種々の疾病の予防策として、食物からの栄養素の摂取、食の安全としての食品衛生・保健衛生について学ぶ教科です。また、人の健康にとってより良い環境の維持と向上に貢献できるように、人が生きていくために必須の水や大気などの生活環境について理解を深め、毒物を含む化学物質の健康に及ぼす影響とその健康被害の予防法について学ぶ科目も含みます。

衛生化学とは


学会発表


2009〜2004

2009
中井ひとみ大塚さやか佐藤 慶和高口寛子戸田晶久繪柳玲子浦丸直人北村繁幸黒木広明
4, 4’-dibromodiphenyl ether (BDE15) のモルモット肝ミクロソー厶による代謝
日本薬学会第129年会(京都)

2008

中井ひとみ、戸田晶久、光武見家、藤田美穂、城戸香織、繪柳玲子、浦丸直人、北村繁幸、重松秀成、黒木広明
2,2',4,4',5-pentabromodiphenyl etherの動物肝ミクロソームによる代謝

日本薬学会第128年会(横浜)

平松征洋、佐藤朝光、中島幸彦、宮田健、原國哲也、荒川武、戸田晶久繪柳玲子、三股亮太郎、山本雅達、見明史雄、鹿志毛信広
CTB発現乳酸菌を用いた2ステップ腸管内DDSの開発

日本薬学会第128年会(横浜)

浦松直人、齋藤博、渡部烈、戸田晶久繪柳玲子、太田茂、重松秀成
アレルギー反応を起こさない新規ピラゾロン系解熱鎮痛薬の開発
日本薬学会第128年会(横浜)


2007
中井ひとみ、戸田晶久、光武見家、浦丸直人、繪柳玲子、北村繁幸、重松秀成、黒木広明
臭素系難燃剤4,4-dibromodiphenyl ether及び2,2,4,4-tetrabromodiphenyl etherの動物肝ミクロソー厶による代謝
24回日本薬学会九州支部大会(福岡)


松村裕世、佐藤朝光、中島幸彦、山本雅達、宮田健、三股亮太郎、戸田晶久繪柳玲子、鹿志毛信広、見明史雄
乳酸菌用分泌発現ベクターの構築(第4報)
24回日本薬学会九州支部大会(福岡)

林田美雪戸田晶久西村証子、落合敬史、添田秦司、占野廣司、黒木広明、繪柳玲子

薬物アレルギー発現機序の研究-サルファ剤活性代謝物のタンパク結合性-
24回日本薬学会九州支部大会(福岡)

黒木広明、中井ひとみ、戸田晶久、光武見家、繪柳玲子、北村繁幸
The S-oxidation of PCB methyl sulfoxide to PCB methyl sulfone with animal liver microsomes and human cytochrome P450
DIOXIN 2007(東京)

中井(中岡)ひとみ、戸田晶久、光武見家、星山恵子、繪柳玲子、黒木広明
MeSO-2,2,5,5-tetraCBの動物肝ミクロソー厶及びヒト肝P450によるS-酸化反応
日本薬学会第127年会(富山)

2006
猪ア香代、戸田晶久林田美雪、小柳悟、添田秦司、占野廣司、繪柳玲子
薬物アレルギー発現機序の研究-キャリヤータンパク質に対するサルファ剤活性代謝物の結合性-
23回日本薬学会九州支部大会(熊本)

浦丸直人、齋藤博、渡部烈、戸田晶久繪柳玲子、丸岡博、重松秀成
アレルギー反応を起こさないピラゾロン系解熱鎮痛薬の開発
21回日本薬物動態学会年会(東京)

伊藤賢優、光武見家、戸田晶久、巴山忠、中井ひとみ、星山恵子、繪柳玲子、山口政俊、黒木広明
難燃性ハロゲン化ジフェニルエーテルのラット肝ミクロソームによる代謝
19回バイオメディカル分析科学シンポジウム(福岡)

伊藤賢優、光武見家、中岡ひとみ、星山恵子、戸田晶久繪柳玲子、巴山忠、山口政俊、黒木広明
2,2,4,4-tetrachlorodiphenyl ether のラット肝ミクロソームによる代謝
日本薬学会第126年会(仙台)

2005
香代、戸田晶久、小柳悟、添田秦司、占野廣司、繪柳玲子
サルファ剤アレルギーに及ぼすサイトカインの影響
22回日本薬学会九州支部大会(福岡)

岡澤須磨子、小柳悟、戸田晶久繪柳玲子添田秦司、占野廣司
Th1/Th2細胞バランスの日内変動の制御機構
22回日本薬学会九州支部大会(福岡)

中岡ひとみ、戸田晶久、光武見家、星山恵子、繪柳玲子、黒木広明
MeS-PCBのラット肝ミクロソームによるS-酸化反応
22回日本薬学会九州支部大会(福岡)

Hidenari Shigematsu, Hiroshi Saito, Akihisa Toda, Reiko Eyanagi, Tadashi Watabe
The mechanism for dansyl chloride mediated drug allergy. Dansyl chloride-glutathione S-transferase complex has the potency of allergen
13th North American International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX) meetingMaui, Hawaii, U.S.A.

Hiroshi Saito, Akihisa Toda, Reiko Eyanagi, Tadashi Watabe, Hidenari Shigematsu
Glutahione S-transferase M1 as a potential carrier protein for allergic drugs in the guinea pig
13th North American International Society for the Study of Xenobiotics (ISSX) meetingMaui, Hawaii, U.S.A.

伊藤賢優、光武見家、戸田晶久、巴山忠、中岡ひとみ、星山恵子、繪柳玲子、山口政俊、黒木広明
4,4-dibromodiphenyl ether のラット肝ミクロソームによる代謝

第8回環境ホルモン学会(東京)

中岡ひとみ、光武見家、熊手美仁、米倉さゆり、戸田晶久繪柳玲子、重松秀成、黒木広明
MeS-PCBS9 mixによるS-酸化反応
日本薬学会第125年会(東京)


2004

日下部聖人、小柳悟、横松力、渋谷皓、戸田晶久繪柳玲子、占野廣司、添田秦司
スフィンゴミエリナーゼ阻害剤によるインスリン抵抗性の改善効果
第21回日本薬学会九州支部大会

中岡ひとみ、光武見家、熊手美仁、米倉さゆり、戸田晶久繪柳玲子、重松秀成、黒木広明
2,2,5,5-tetraCB(CB52),2,3,4,5-tetraCB(CB70)in vitro代謝-カテコール体の生成と水酸化体代謝物のエストロゲン様作用の評価-
第21回日本薬学会九州支部大会

戸田晶久繪柳玲子、齋藤博、占野廣司、重松秀成
THE METABOLIC ACTIVATION MECHANISMS OF AMINOPYRINE TO CAUSE ALLERGIC REACTION: THE FORMATION OF RUBAZOIC ACID AND METHYLRUBAZOIC ACID FROM 4-AMINOANTIPYRINE IN PRIMARY CULTURES OF HUMAN HEPATOCYTES
第19回日本薬物動態学会年会(金沢)

繪柳玲子猪ア香代戸田晶久齋藤博重松秀成
薬物アレルギー発現機序の研究(第30報):アミノピリン活性代謝物(ADMP)のタンパク結合性とラット白血球結合蛋白について
日本薬学会第124年会(大阪)

著書

繪柳玲子佐藤博瀧口益史戸田晶久永田清古野浩二、, 山口忠敏山野茂吉田武美、,吉原新一
予防薬学としての衛生薬学−健康と環境−

平成21年4月、廣川書店

菊川清見、大沢基保、福井哲也、田村悦臣、戸田晶久根岸友恵、宮田秀明、横田勝司、早川和一、安藤正典、田中慶一、早津彦哉、鎌滝哲也、渡辺雅彦、平本一幸、手塚雅勝、石井秀美
INTEGRATED ESSENTIALS 衛生化学・公衆衛生学(改訂第4版)
平成19 4南江堂

上野仁、繪柳玲子、小嶋仲夫、佐藤雅彦、棚田成紀、丹保好子、戸田晶久、中村武夫、中室克彦、橋爪清松、林英幸、吉原新一、分野正雄
最新公衆衛生学(第4版)
平成19 3廣川書店

那須哲弥、渡辺隆史、関康秀、関幸子、山本郁夫、小栗一太、宇佐見則行、繪柳玲子
戸田晶久、宇田裕、手塚雅勝、榛葉繁記、渡辺和人、鍜冶利幸、木村敏行、山本千夏、藤原泰之、和田啓爾、吉村昭毅、林英幸、遠藤哲也

新衛生薬学系実習
平成18 4地人書館

直線上に配置

旧職員(衛生化学分野として在職された教員)

教 授:繪柳 玲子(えやなぎ れいこ) 平成23年3月31日退職